医療脱毛について

恥ずかしい?気になるVIO脱毛の施術方法

手足や顔のように露出をしない部位のムダ毛に関して、悩みを抱えているという女性は少なくありません。
医療脱毛でもそうした部位の施術を希望するかたが多く、その中でも特に人気になっているのがVIO脱毛です。

カミソリを使って剃るだけではすぐにポツポツとムダ毛が生えてきてしまい、下着に引っかかって煩わしさを感じやすかったり、IOラインは粘膜にも近いことから、カミソリや毛抜きの利用で怪我や肌荒れを起こしてしまうリスクが高くなります。

こうした自己処理から解放されること、Vラインを理想的な形に整えてIOラインを綺麗にできることから、医療クリックでの施術を希望するかたが増えてきているのです。

しかし、デリケートな部位だからこそクリックのスタッフとはいえ露出に躊躇してしまう、どういった状態で施術を受けることになるのか不安があるという声も多く聞かれます。

VIOラインそれぞれの施術方法

基本的に、医療脱毛クリックでの施術に携わっているのは同性である医療従事者の女性スタッフ・エステティシャンのみです。VIOラインの施術で女性が感じる恥ずかしさも十分に理解していますので、淡々と処理をしていってもらうことができます。

また、デリケートゾーンが不必要に露出をしてしまわないように、紙パンツやタオルを巻いた状態で、照射を行う部分のみ捲って少しずつ処理をしていくことになりますから、慣れてしまえばそれほど羞恥心を感じずに済むでしょう。

実際、最初は身構えていたものの、施術を受けてみたら思っていたよりも気楽だったという声が多く聞かれるほどです。

Vラインはハイジーナやデザインが選べる

まず、Vラインは足の付け根からおへそよりも下に生えているムダ毛ですので、施術台に仰向けに横になり足を閉じた状態で照射が行われます。
残しておきたいムダ毛の範囲にはプレートを当てて、足のほうから紙パンツやタオルを捲りながら脱毛をしていきますが、デザインに関しては予め念入りにスタッフと相談を重ねて決めていきましょう。

すべてのムダ毛をなくすハイジニーナ以外にも、卵型、逆三角、ハートや星形などの特徴的な形にすることも可能です。

Iラインは丁寧で素早い脱毛

次にIラインは、左右片方ずつの施術になります。施術をする側の膝を立てて足を広げながら、同じく紙パンツやタオルを捲りながら照射していきます。

敏感な部位を見られ、触れられることで恥ずかしい反応をしてしまうのではないかと最も心配される部位ですが、施術を行うのは数多くの女性のIライン処理を施してきたプロです。反応をしても指摘をされることはありませんし、丁寧かつ素早く照射を終えてもらうことができます。

Oラインは一番恥ずかしい?

Oラインはうつ伏せ、もしくは四つん這いになってお尻を露出することになります。
こちらは2人がかりで施術を行う脱毛サロンもあり、1人がお尻のお肉を持ち上げて1人が照射を行っていきますが、範囲が狭いこともあってあっという間に終わってしまう施術です。

VIOラインの中では一番恥ずかしいと感じるという声が聞かれますが、やはり緊張するのは最初のみ、繰り返していくうちに平気になっていった、それよりもムダ毛がなくなり綺麗になっていく満足感のほうが勝ったという感想が多く聞かれます。

【まとめ】VIO脱毛の痛みや回数

医療クリニックでVIOライン脱毛を受ける場合、ムダ毛が濃い上に痛みを感じやすい部位ということもあり、刺激に耐えられる範囲で出力を調整しながら施術が行われますので、必要回数も多くなるという点を覚えておきましょう。

濃さや太さにもよりますが、少なくても5回程度、多ければ20回程度かかる場合があります。
ただ、ムダ毛の量が減ってくることで痛みを感じにくくなりますし、自己処理の手間もどんどん少なくなります。

煩わしい下半身のムダ毛に悩み続けるよりも、思い切って脱毛をすることで快適さや綺麗さを手に入れることができますので、まずはカウンセリングで話しを聞いてみるところからでも始めてみてください。

-医療脱毛について

© 2020 医療脱毛大阪ランキングなび